Toyoaki Kurihara

お問い合わせ

栗原 豊明
エラストマー事業部
マーケティング担当

お問い合わせ

〈セプトン®〉Q-シリーズ

著者

〈セプトン〉Q-シリーズは、柔軟性、耐久性、耐摩耗性、弾性回復性に優れる高性能熱可塑性エラストマーです。

クラレでは、独自のアロイ化技術で〈セプトン〉Q-シリーズとPMMAを組み合わせたフィルムを開発しています。これにより、今までにない新たなクラスのTPEがTPAE、TPC、TPUの用途でご利用いただけるようになりました。

このフィルムは、様々なポリオレフィンや極性樹脂とも相性が良く、リサイクル可能であり、耐摩耗性、耐引っかき性、耐加水分解性、耐候性に非常に優れます。また、熱可塑性ポリウレタン(TPU)や熱可塑性ポリエステルエラストマー(TPC)などのTPE系に匹敵する機械特性と耐引掻き性、耐摩耗性を有しながらも、これらのTPEより低比重であるため製品の軽量化に貢献します。

このようなユニークで優れた特性を持つ〈セプトン〉Q-シリーズは、エレクトロニクス業界のハウジングやケーシングに適しています。

〈セプトン〉Q-シリーズは、優れた耐熱性と耐候性を備えています。

絶縁ケーブル素材用途

〈セプトン〉Q-シリーズが有する、耐引掻き性や耐摩耗性、低比重という特徴は絶縁ケーブル素材に適しています。〈セプトン〉Q-シリーズを使用した絶縁ケーブルは、低温から高温までその特性を維持します。また、温水や蒸気、熱帯地域での恒常的な使用においても、優れたな弾性を発揮します。

〈セプトン〉Q-シリーズを用いた絶縁ケーブル

5Gネットワーク用の光ファイバーに適する絶縁ケーブル素材

5Gネットワークの展開においては、耐久性の高い光ファイバーケーブルの製造が必要です。繊細な光ファイバーケーブルアセンブリを過酷な環境下で永続的に保護するためには、ケーブルを保護するケーシングが欠かせません。クラレの〈セプトン〉Q-シリーズは、その優れた機械的・電気的特性により、光ファイバーをしっかりと保護します。TPUやTPCに比べて軽量で耐摩耗性、耐引掻き性に優れるという特長も、光ファイバーケーブルの保護に貢献します。

〈セプトン〉Q-シリーズで作られた絶縁体は、ケーブルを保護します。

特長

  • 耐久性
  • 耐摩耗性
  • 優れた加工性
  • 低い比誘電率
  • 軽量
  • 低密度
  • 可塑剤なしで低硬度
  • 耐加水分解性の向上
  • 低温耐性
  • フィルム押出成形性

強み

  • TPUやTPCの代替として特性を向上
  • 高速伝送部品の性能と伝送を向上
  • リサイクル可能

使用例

  • 自動車、情報/通信機器の高速伝送部品
  • 光ファイバーケーブル(5G、高速伝送)
  • スポーツ用品、靴
  • 3Dプリンティング用途

お問い合わせ

私は、プライバシーポリシーを理解し、「送信」ボタンをクリックすることで、お問い合わせフォームに入力した自らのデータの使用および電子的な保存に同意します。

本フォームを送信することにより、Kuraray Europe GmbHが記載された情報をマーケティング目的に使用することに同意したものとみなします。 なお、情報はクラレグループおよびそのサービスプロバイダに共有されます。 情報の使用方法についての詳細はプライバシーポリシーをご確認ください。
* 必須事項