Yoshihiro Morishita

お問い合わせ

森下義弘
エラストマー事業部
マーケティング担当

お問い合わせ

液状ファルネセンゴム

著者

クラレは再生可能な原料を使用した液状ゴムのラインナップを拡充しています。液状ファルネセンゴムは、バイオ由来モノマーであるβ-ファルネセンを重合させた製品です。

液状ファルネセンゴムは、液状イソプレンゴムや液状ブタジエンゴムと同様に反応性可塑剤としての機能を持ちながら、通常の可塑剤よりもはるかに高い分子量を有します。反応性可塑剤はベースゴムとの共架橋が可能であるため、可塑剤のブリードアウトを大幅に抑えることができます。また、ゴムに配合することでムーニー粘度が低減し、加工性や工程通過性の向上が期待できます。

液状ファルネセンゴムを配合したゴムコンパウンドは、低温下でも優れた柔軟性を発現します。さらに、液状ファルネセンゴムは高い反応性を有するためゴムと反応し、ブリードアウトによる経時的な硬化を防ぐことができます。そのため、現在は冬用タイヤでの採用が拡大しており、タイヤ性能の長期的な維持に寄与しています。

液状ファルネセンゴムは、クラレ液状ゴムの中でも、初めてバイオ由来原料を活用した製品です。

製造方法

β-ファルネセンはサトウキビ由来の糖を酵母菌により発酵させて得られるモノマーです。液状ファルネセンゴムは、この再生可能モノマーであるβ-ファルネセンを重合することで製造されます。

液状ファルネセンゴムは、他に類を見ない性能を持つ新しいポリマーであり、多岐にわたる用途での活用が期待できます。クラレは今後もバイオ由来原料を用いた製品開発に注力し、循環型社会への発展に貢献していきます。

液状ファルネセンゴムには、ホモポリマータイプ(β-ファルネセン100%)とランダムコポリマータイプ(β-ファルネセンとブタジエンの共重合体)があります。ランダムコポリマーでは分子量の異なる2銘柄の取り揃えがございます。

クリックで拡大
バイオ由来の樹脂の製造には様々な手法があります。 © nova-Institut GmbH
クラレのHSFCラインナップである〈セプトン〉BIO-シリーズは、バイオ由来の樹脂の新たなあり方を開拓しています。

特長と強み

  • バイオ由来原料を用いた材料
  • 良好な可塑効果
  • 低ブリードアウト
  • 低温柔軟性の改善
  • 分岐鎖の高い反応性
  • 高分子量と低粘度の両立

使用例

  • タイヤ
  • 粘接着剤、コーティング剤、シーリング材
  • ゴムコンパウンド
  • 自動車
  • スポーツ用品、靴

原料メーカーとの関係で液状ファルネセンゴムを展開できる用途に制限があります、詳しくはお問合せ下さい。

タイヤ用途

液状ファルネセンゴムをゴムコンパウンドに添加することで、タイヤの性能と寿命を向上させることができます。この材料は主に冬用タイヤに使用されています。液状ファルネセンゴムは、特に低温下でも弾性を維持するため、雪道や凍結した道路でも最適なグリップ力を発揮します。また、タイヤメーカーにとっては、架橋速度が速く、粘度が低いため、生産工程が効率的になるというメリットがあります。

The special structure of highly branched molecular chains reduces entanglements and results in lower viscosity compared to liquid isoprene rubbers. Thanks to its optimum molecular weight, liquid farnesene rubber reacts completely with the solid rubber during vulcanization, sulfur and peroxide. Unlike oil, which migrates to the surface of the rubber over time, preventing it from softening, liquid farnesene rubber remains fixed in the rubber compound. Therefore, the performance of the tires remains stable for a very long time.

タイヤメーカーにとっても、液状ファルネセンゴムの迅速な架橋はメリットになります。つまり、処理サイクルの短縮、エネルギー消費量の削減、処理速度の向上が可能になります。液状ファルネセンゴムは、その特性により、自動車の燃料消費量を減らし、熱の発生を抑え、凍結した路面でも安全に自動車を停止させることができるタイヤの開発を可能にします。

液状ファルネセンゴムを用いた冬用タイヤを装着した車

Features & benefits

  • Improved processing properties and efficiency
  • Glass transition temperature (Tg) control enables improvement of ice grip performance
  • Much lower viscosity compared with current liquid isoprene rubber
  • High plasticity of the rubber compound
  • Excellent flexibility even at low temperatures

Applications within tires

  • Tire treads (Replacement of resins or oils)
  • Bead filler
  • Under-cushion
  • Under-tread

Ethical

Manufactured from renewable resources and easy to process, liquid farnesene rubber increases efficiency and sustainability in tire production. By increasing the organic content in the final product, the material will contribute to a more sustainable world.

Liquid farnesene rubber is sustainably synthesized from beta-farnesene derived from Bonsucro-certified sugar cane. The Bonsucro certification system is a global and non-profit multi-stakeholder initiative that aims to reduce the negative environmental and social impacts of sugar cane production while addressing the need for economic viability.

The Bonsucro Production Standard applies to mills and their sugar cane supply areas. It includes principles, criteria and indicators that measure sustainable sugar cane production. The first five principles assess sustainability in the sugar cane industry. The indicators measure the economic, social and environmental impacts of sugar cane and help ensure that mills and their suppliers produce sugar cane and derived products sustainably.

The use of food crops for the production of bio-based polymers leads to recurring and often emotionally charged debates. Liquid farnesene rubber, however, unlike food crop-based polymers, does not exacerbate the global hunger problem because its feedstock, sugar cane, is a so-called cash crop. While food crops, such as cereals or potatoes, are grown to provide food for human consumption, cash crops, such as sugar cane or coffee, are grown mainly for the international market, mostly for direct consumption but also as raw materials for the processing industry.

Liquid farnesene rubber is made from Bonsucro-certified sugar cane.
–>

製品カタログ

〈クラレ液状ゴム〉:
液状ファルネセンゴム

技術資料

製品・用途に関する

詳細な技術資料はこちら

お問い合わせ

私は、プライバシーポリシーを理解し、「送信」ボタンをクリックすることで、お問い合わせフォームに入力した自らのデータの使用および電子的な保存に同意します。

本フォームを送信することにより、Kuraray Europe GmbHが記載された情報をマーケティング目的に使用することに同意したものとみなします。 なお、情報はクラレグループおよびそのサービスプロバイダに共有されます。 情報の使用方法についての詳細はプライバシーポリシーをご確認ください。
* 必須事項