アクリル系熱可塑性エラストマー クラリティ®

<クラリティ>は、クラレが長年培ってきたリビングアニオン重合技術によって生み出された、多様なアクリレートのABAもしくはABタイプのブロック共重合体です。クラレ独自の制御重合技術によって製造された<クラリティ>は、ラジカル重合を用いた従来のアクリル系ポリマーと比較して、残存モノマーやオリゴマーといった低分子量不純物が極めて少ないクリーンなポリマーです。<クラリティ>はMAM(Methyl-methacrylate – Acrylate - Methyl-methacrylate)であり、メチルメタクリレートのハードブロックと、多様なアクリレートを用いたソフトブロックからなるトリブロック、またはジブロック構造をしています。この構造により、優れた透明性、耐候性、自己粘着性、極性樹脂に対する良好な相容性といった多くの特長を示します。

 

 

特長
  • 高透明性
  • 硬質アクリルのような高い光沢(グロス)
  • 高タック(粘着付与剤、可塑剤無し)
  • 極めて少ない残存モノマー、オリゴマー
  • 優れた柔軟性(可塑剤無し)
  • 極性樹脂への良好な相容性
  • 優れた成形性 加水分解の恐れのない高い耐候性
  • 低臭気性
主な用途
  • 粘着剤(自己粘着、ベースポリマー)
  • 成形部材
  • 樹脂改質剤

<クラリティ>の銘柄構成
用途