TP-301

トランスポリイソプレンTP-301はクラレの独自技術により製造されたトランス-1,4-ポリイソプレンです。トランス-1,4-ポリイソプレンは図1に示すような分子構造を持っており、天然に産するバラタやガッタパーチャの主成分として存在しています。トランス-1,4-ポリイソプレンとシス-1,4-ポリイソプレンは、いずれもイソプレンの重合体ですが、その化学構造は図1に示すような相違があり、立体異性体となります。シス-1,4-ポリイソプレンは天然ゴムと同様、典型的な弾性体ですが、トランス-1,4-ポリイソプレンは結晶性熱可塑性ポリマーです。


特長
  • 溶融温度が約70℃で、成型加工しやすい。
  • 常温で硬くて強い。
  • ホットメルト接着が可能で、自己融着性にも優れている。
  • 硫黄架橋、パーオキサイド架橋が可能。
  • 架橋物は硬さ、強靭性、耐衝撃性、耐摩耗性に優れている。
  • 品質が均一で不純物が少ない。

特長

• ゴルフボールカバー

• メディカル用途
  - 歯科充填剤
  - 整形外科材料
  - リハビリテーション用材料
  - 人体の型取り用材料

• はきもの用途
  - λ カウンター材、先芯材
  - λ 靴底用材料

• ホットメルト用途
  - 接着剤
  - 繊維との複合材

• 一般工業用途
  - シーリング材
  - 離型フィルム
  - 型取り用材料
  - 溶融袋

• その他
  - 教材、玩具
  - ホビー素材
  - スポーツ用プロテクター