液状ゴム クラプレン

液状ゴム<クラプレン>は大きく分けて、液状イソプレンゴム(Liquid Isoprene Rubber, LIR)、液状ブタジエンゴム(Liquid Butadiene Rubber, LBR)、液状スチレンブタジエンゴム(Liquid Styrene Butadiene Rubber, L-SBR)に分けられます。これらは低分子量の粘稠な合成ゴムであり、残存モノマー、残存溶媒をほとんど含まないため、ほぼ無臭、無色透明です。また分子量分布が狭いという特長を持っています。

<クラプレン>は可塑剤として機能すると共に、二重結合を有するため固形ゴムと共架橋することで、通常のオイルで発生するようなブリードアウトがしにくいという特長があります。これにより最終製品の品質を安定に保つことが可能になります。

<クラプレン>を使用することにより、加硫ゴムの力学物性を落とすことなく混練時間を削減することができ、生産性の向上と生産コストの低減が可能です。

官能化グレードは金属やガラス、繊維等との接着性に優れます。

<クラプレン>の主な用途はタイヤ、ベルト、ホースなどのゴム製品、コーティング剤、粘接着剤、シーリング材です。

 
特長
  • 無色、透明で揮発成分が少なく、ほぼ無臭です
  • 天然ゴム、BR、SBR、EPDM等の固形ゴムと共架橋が可能で、ブリードアウトを抑えることができます
  • オイル同等の可塑効果を有し、生産性を向上させることができます
  • 混練回数及び時間を減らすことが可能です
  • 適度なタックと優れた粘接着特性があります
  • 官能化グレード、水添グレード、共重合グレードなどラインナップが豊富です
  • ガラス転移温度(Tg)が低く、低温でもゴム的性能を維持することが可能です
 
主な用途
  • タイヤ
  • ベルト
  • ホース
  • ゴム製品
  • 粘着テープ
  • 粘接着剤
  • コーティング剤
  • シーリング材
  • フレキソ刷版材
  • アスファルト改質剤
  • 潤滑油添加剤

 
用途
 
 
銘柄
 
LIQUID FARNESENE RUBBER