ゴム製品

液状ゴム<クラプレン>はタイヤ以外にも様々なゴム製品に使用されています。主な用途としては、防振ゴム、防舷材、コンベアベルト、ホース、ロール、ガスケットなどが挙げられます。<クラプレン>は可塑剤として機能すると共に、二重結合を有するためベースゴムと共架橋することで、通常のオイルで発生するようなブリードアウトがしにくいという特長があります。これにより最終製品の品質を安定に保つことが可能になります。


特長
  • 無色、透明で揮発成分が少なく、ほぼ無臭です
  • ムーニー粘度を低減し、ゴムの混練回数・時間を短縮できるため、生産性が向上します
  • 天然ゴム、BR、SBR、EPDM等の固形ゴムと共架橋し、ブリードアウトを抑えることが可能です
  • EPDMの圧縮永久歪みを低減することができます
  • 官能化グレードは金属やガラス、繊維への接着性を向上させることが可能です
用途
  • 防振ゴム
  • 防舷材
  • コンベアベルト
  • ホース
銘柄
  • LIR-50, 290, 390, 403, 410
  • LBR-300*, 302, 305, 307, 352, 361
  • L-SBR-820, 841

*開発品